Home > 日刊工業新聞社「ロボナブル」に並木明夫准教授の「微かな色の違い高速・高精度で判別できるシステム開発」が掲載されました

日刊工業新聞社「ロボナブル」に並木明夫准教授の「微かな色の違い高速・高精度で判別できるシステム開発」が掲載されました

11月8日 日刊工業新聞社「ロボナブル」掲載

人の目では区別ができない微(かす)かな色の違いを、高速かつ高精度で検出するシステムを開発。

対象物に波長の違う光を交互に当てて高速カメラで撮影し、その画像から瞬時に判別する。

 

Links : 日刊工業新聞社「ロボナブル

     並木研究室 Namiki Laboratory